このページの先頭です
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

平成30年4月

更新日:2018年4月12日

直島幼児学園入園式(4月12日)

 3日連続の最後となります直島幼児学園の入園式が執り行われましたので、出席してまいりました。
 幼児学園の西側には大きな桜の木が何本もあって、いつもの年なら来賓控室となっている旧保育所棟の窓から満開の桜がよく見えるのですが、今年は残念ながらすべて葉桜になっていました。しかし、東側の庭にはたくさんのチューリップが満開で、入園児をお祝いしているようでした。今年の入園児は、3歳児のたんぽぽ組が男子10人、女子12人の計22人、0~2歳児のちゅうりっぷ組が男子4人、女子7人の計11人ですが、昨年も書いたように制度上の入園児は4・5歳児も含めた全員になるようで、園全体で男子36人、女子40人の計76人が入園しました。
 幼児学園の入園式は、こういう場所に初めて出た子も多くて、いつも泣き叫ぶ子どもさんが何人かいるのですが、今年は時々声が聞こえる程度で、お利口に静かに座っているお子さん多かったです。
 それでは、今回も祝辞を掲載して、報告とさせていただきます。

 皆さん、ご入園おめでとうございます。
 今日から皆さんは、この幼児学園で先生やお友達と一緒に過ごすことになります。きっと毎日楽しいことやうれしいこと、おもしろいことがいっぱいあります。お友達ともすぐに仲良くなって、幼児学園が大好きになると思います。ここへ来たらいつも楽しいことがたくさん待っていますので、毎日元気に来てくださいね。
 さて、保護者の皆様、お子様のご入園、誠におめでとうございます。この幼児学園は、44年前に、「2つの壁」を取り払ってスタートしました。1つは、従来の保育園と幼稚園の壁です。早くから幼保一元化に取り組み、平成28年度からは「認定こども園」になりました。もう1つは、「教室の壁」です。とは申しましても、まったくのオープンスペースではなく、隠れ家のようなスペースから行き来できて、色彩で場所を区切るなど、セミオープンとなっています。それには、子どもたち一人一人の個性を大切に伸ばしながら、創造性や協調性を育む教育をという願いが込められています。このすばらしい理念を掲げた幼児学園で、お子様を大切にお預かりいたします。
 なお、これからお子様は生まれて初めての集団生活を経験することになりますので、お子様の期待と不安をしっかり受け止めて、優しく励ましていただきたいと思います。町としましても子育て支援をさらに充実して、皆様を応援させていただきます。
 また、園長先生をはじめ先生方には、無限の可能性を秘めた大切な子どもたちをよろしくお願いいたします。
 幼児学園の皆さんが楽しく元気いっぱいの園生活を過ごされることを心から願って、お祝いの言葉といたします。本日は、誠におめでとうございます。

直島小学校入学式(4月11日)

 3日連続の第2弾となります直島小学校の入学式が執り行われましたので、出席してまいりました。
 来賓の控室から見ていると、南庭の斜面に1本だけ満開の桜があって、新入生の皆さんをお祝いするために遅く咲いたのかと感じました。今年の新入生は、男子13人、女子7人の計20人とのことで、ピカピカの制服に身を包み少し緊張していたようですが、最後まできちんと座って静かにお話を聞けていました。
 それでは、私の祝辞を掲載して報告とさせていただきます。

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。たくさんの花が咲き誇る春を迎えた今日、皆さんは直島小学校に入学されました。幼児学園を卒園してから、早く今日の日が来ないかと待ち遠しく、制服を着てみたりランドセルを背負ってみたりしていたのではないかと思います。
 今日の皆さんは、とても立派です。皆さんのやる気に溢れる、キラキラ輝いている目を見ていると、とても頼もしく、うれしくなります。
 小学校では、優しい先生方や、頼りになるお兄さんお姉さんが、たくさんのことを教えてくれますので、心配はいりません。新しいことや楽しいことがいっぱい待っていますので、お友達と仲良く勉強したり、遊んだりしてください。そして、学校であったことをお家の人にたくさんお話ししてあげてくださいね。
 さて、保護者の皆様、お子様のご入学、誠におめでとうございます。お子様は、幼児学園から小学校へと環境が大きく変わり、時には不安を感じることがあるかもしれませんが、温かく励まして、毎日笑顔で送り出して欲しいと思います。これからの時代を生きる子どもたちには、「伝える力」を育成することが求められています。どうぞ、お子様のお話をしっかりと聞いていただき、今しかないお子様との大事な会話の時間を楽しんでいただきたいと思っています。
 また、校長先生をはじめ先生方には、子どもたちが伸び伸びと成長できるように、やさしく、時には厳しくご指導いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
 子どもたちは、まだまだ小さいですが、未来への大きな可能性を秘めた「町の宝」であり、その元気な声と笑顔が町の活力だと思っていますので、町としてもさらに皆さんを応援していきたいと考えています。本日入学された1年生とそれぞれ進級された皆さんの健やかな成長を心からお祈り申し上げまして、祝辞とさせていただきます。本日は、誠におめでとうございます。

直島中学校入学式(4月10日)

 今年は例年以上に桜が早く咲いたため、入学式を迎えた今日はほぼ葉桜になってしまいましたが、その分早く温かくなって過ごしやすい日々が続く中、3日連続のトップを飾る中学校入学式に参加してまいりました。
 今年の入学式では、男子9人、女子7人の計16人が入学され、全校生徒は昨年よりも2人減って52人になったようです。子どもの人数を増やすことを1番の目標としている私にとっては、さらに寂しい状況になっていますが、1人でも多くの子どもが生まれるように、これまで以上にがんばらなければと思っている次第です。
 それでは、私の祝辞を掲載して報告とさせていただきます。

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。皆さんの中学校入学をお祝いするように、直島町の花・島つつじが咲き誇る輝かしい春を迎えました。
 皆さんは今、大きな希望と喜び、そして少しの不安を胸に抱きながら、夢いっぱいの中学校生活をスタートしました。皆さんが高齢になる頃には、「人生百年」という長寿の時代になるとも言われていますので、その長い人生においては、これからの3年間は「たった3%」に過ぎないかもしれません。しかし、人生の中で最も伸び盛りの、大切な時期です。
 皆さんは、小学校の卒業式で発表したように、それぞれ将来の夢を持っていると思います。それに向けて具体的に準備を始める3年間になります。自分の良さを生かすとともに新しい自分を見つけ、また、友達の素晴らしいところに学び、自分を鍛え、互いに切磋琢磨し、これからの進路を真剣に考えてください。
 これからの3年間は、しっかり勉強してしっかり運動するのはもちろんですが、視野を広げていくことも皆さんの進路を切り開いていきます。友達や先輩たちと力を合わせて、学校や住んでいる町のために活動することがとても大切です。また、日本や世界でどのようなことが起きているのかということにも、ぜひ関心を持ってください。
 いろいろ迷うこともあると思いますが、迷うこと自体にも価値がありますので、今は大きな夢を持ち、例え難しいことや嫌なことがあっても先送りせずに、今しかできないこと、今しておかなければならないことに全力でぶつかって欲しいと思います。これから始まる中学校生活が皆さんにとって有意義なものになり、3年後には達成感と喜びを感じながら卒業を迎えられることを、心から念願しております。
 さて、保護者の皆様、改めてお子様のご入学、おめでとうございます。中学校の3年間は、子どもから大人に変わっていく過渡期であり、少しずつ自立が始まるとても大切な時期ですが、思春期の難しい年頃でもありますので、時にはご家族とぶつかることがあるかもしれません。しかし、それは保護者の皆様ご自身も成長の過程で歩んできた道ですので、温かく見守り、支えてあげて欲しいと思っています。
 また、校長先生をはじめ諸先生方には、大切な子どもたちが健やかに成長できるように、引き続きご尽力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 結びに、新入生をはじめ中学生の皆さん全員が、たくましい体と思いやりの心を持つ立派な人に成長されるようお祈り申し上げ、祝辞とさせていただきます。本日は、誠におめでとうございます。

お問い合わせ

直島町

〒761-3110 香川県香川郡直島町1122番地1

電話:087-892-2222  ファクス:087-892-3888

本文ここまで


以下フッターです。
直島町役場外観

直島町役場

〒761-3110 香川県香川郡直島町1122-1
電話:087-892-2222 ファックス:087-892-3888
法人番号:9000020373648
Copyright (C) Naoshima-town.All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る